これを探しに行っただよ。
何って?あの懐かしの「人面魚」!


人面探して、秋を追う!

 秋だぁ! 暑い夏が終わり、やってきました、ツーリング日和てんこもりの季節。
  バイクをガレージに寝かせてる人、 いるでしょ。 行きましょう。
  一人だって、皆とだっていい。ともかくゴォオオオ〜だぁ!!

  富山県から岐阜県へと続く国道41号線は紅葉満点玉手箱。今回はここいらを重点的に攻めて…もとい、 流してみよう。  富山市を抜けるまではちょっと混雑するので、 抜け道をご紹介。 41号と並走する県道69号線。 詳しくはマップルかなんか買って読んでくれな。この道は、のどかな田園風景と神通川の美しい景色を眺めながら、混雑だらけの市街地を抜けれる嬉しい道だ。信号も少ないからストレスも少なくてグッドだぞ。

 さて、41号に出るとここからは、コーナーに継ぐコーナー。 ちょっとスピードをあげると、流れる風景がぐぐ〜んと近づいて見える。迫力だぁ。 今回は日帰りだったんで、 下呂までは行かなかったけど思いきり走った後に、温泉で一泊なんてのもいいよな。  「トヤソーデ」というドライブインでラーメン食って小休止。帰りは国道158号線を通 って通って平湯を抜けて帰った。綺麗だったなぁ。 温泉も気持ち良かったぁ〜、 うむうむ。満足、満足。 大満足。

 最後に、走るのが楽しいポイントをちょこっと、まとめておこう。「道の駅細入」を過ぎた辺りは、 道が変化に富んでいて面白い。 「流葉スキー場」のちょっと手前から「スノーランドすごう」までは高速コーナー。登坂車線がある二車線道路だ。行きは上りだから気軽にアクセルを開けられるゾ。

 それから、 あとは高山市街を抜けた後の久々野町に入るちょい手前から、 ここも長い登坂二車線。 キモチイイゾォ〜。 ただ、 あんまりコーナー攻めまくって救急車のお世話なんかにならないようにネ。  ほんでは。 また、 来月なぁ。 (そういえば、あの人面魚。 白い斑は、 やっぱ病気だったのかなぁ…。 気になってんだよ、ここんとこ。 また行ってくっかなぁ。)



バイクを停めて足下をみると…クリ? クリですよ。栗!
まだ小さいけど、
秋の足音はもうすぐそこまで来ているのネン。

これが人面魚だぁ〜!
写真の関係で見えにくいけどこれでカンベンしてね。
快調、快調。空いてるなぁ。
流葉スキー場付近は快速コーナーの連続。 細入のドライブイン「道の駅細入」で見かけたヘルメット…。何やら落書きだらけでスゴイしろものだなぁ、、、 左のヘルメットの持ち主は、右の彼。名はピロリンという。関西弁で楽しく旅のことを聞かせてくれた彼は、このとき日本一周中。
「道の駅細入」の後ろ手にある、お食事処どんぐり。ここのソフトクリームが乳脂肪たっぷりでうまいというウワサを聞いて寄ってみた。確かにまったりとしたお味で、美味しかった。 高山付近で見かけたワゴンセール?
道端で野菜を売る感覚でワゴンが置かれていた。100円で野菜がこんなにたくさん買えるなんて!スゴイ!
露天風呂『神の湯』のチケット。
『奥飛騨平湯温泉 不動明王・神の湯』 と、書いてある。
●平湯温泉観光案内所(0578)9-3030
トヤソーデの横手にある女男滝。綺麗な二段滝で観ているだけで涼しくなる。 露天風呂『神の湯』から出てきた猿一匹。 この後、この猿は湯冷めした。バイクは冷えるからね。チューイ、チューイ。 温泉から出てきたところで出逢った神戸ナンバーのGPZ900。
「今日は軽井沢から安房峠を超えてここまで来ました。ヘトヘトだけど、山頂はキレイでした。この後、高山まで行かないと宿が無いのです〜」 がんばれ〜赤ニンジャ!

オ・マ・ケ
向こうに見えるは"平湯温泉スキー場" 冬はここが真っ白になるのねン。 ここは美しいぞぉ〜、思わずストレートを行ったりきたりしてしまった。 どこにでもある名物ソフトクリーム。これは流葉を越えたあたりのドライブインにあった。リンゴソフト。今回はソフト三昧でお腹ゴロゴロ。 はい、ポーズ。カシャ。人面 魚の看板の前で人面魚のマネ。我ながら…バカだ…


オ・ワ・リ

バカバイク道のトップへ © BAKABIKE.
All original contents copyright © 1997-2022 by Win Project All rights reserved.