で、でかくてゴメンね・・・(o_o;)

▲えー、雑誌用にも使えるように作ってあったマップなので、またデカいです。スミマセンです。



<<下り坂は減速ぅ〜>>

 さて最後にオマケに「下り坂」の速い走り方です。それはやっぱり「減速がゲンソク(原則)」です。「なんだよダジャレかよ!」と言わないで。上り坂ではバイクが上向いて走ってるから、コーナーの後半は自然にシートやステップに加重しているけど、下りだとバイクは下向いて走っていくから、ブレーキかければほっといてもハンドルやタンクへ加重していく。アメリカンバイクならステップが前にあって、そこで加重を受けることもある。コーナー進入時はブレーキングして入っていくんだから好都合なんだけど、問題はカーブの後半(コーナー脱出時)。カーブが怖いって人の走り方を見ていると、意外に速いスピードで進入していって、後半でアクセル開けれる余裕が気持ち的にもスピード的にもないってことが多いみたい。
 カーブの進入からそこそこスピードがでているので、コーナーを出て行くときまでそのままダラっとしている。当人は何もしていないか、もしくは曲がろうとしているが、はたから見ていると乗っかっているだけだったり、ブレーキングしながらハンドルに体重かけて腕つっぱったままだったり。。。

 バイクが重たい鉄の固まりになったようで怖い、怖いからアクセルあけられない。もしくはスピードがすでに出ているのでアクセルを開ける必要がない。でも下りだから重力で少し加速するのでさらにブレーキ。でももうコーナー後半。まだ怖い、もしくは速い。だから更にブレーキ。ハンドルに腕つっぱる。とバットスパイラル。そしてガードレールへ。
 それならばということでコーナーへ入るとこはブレーキして、ちゃんと出るとこでアクセルをあけて走ればどうかというと、これで案外走れるようになったりする。楽に走れている人の後ろついて走ったら意外に簡単だったってのはよくある話。
 アクセルを開けるとバイクが曲がるんじゃなくて、アクセルを開ける、もしくはその余裕ができると場合によっては「曲がらない」って言ってる人の体がバイクの動きの邪魔をやめてくれるってだけなんだけど。(パワースライドは曲がるってより滑らせるって感じだしね)
 まぁ、バイクに慣れていくひとつの過程だし。怖くなくなったら曲がる云々は自然に体がやってることだから、そんなに気にすることじゃないと思うんだけど。しいて言えばアクセルあけている方が進路はコントロールしやすいことが多いし、でも下りでアクセルあけたら平地よりはスピード増すよ・・・みたいな感じだろうか(笑)
 ということなので、言葉で言えば下りコーナーも「中〜後半をきっちりアクセルをあけていけば普通に曲がれる」のですが、じゃぁって言って下りコーナーでも脱出はアクセル全開!、フルブレーキ!フルバンク!フル加速!...ってギャンギャン駆け抜けていくと、すでにこの時バイク様は危険な速度域になっとるわけで、カーブに見張りたててたってカモシカとか飛び出してきたら・・・、運良く避けれたとしても、まぁ得てしてその後のバイク様はハイそれまでよ〜です(爆)
 適切にコーナー前半や手前で減速していく感覚は、状況でもライダーでもバイクでも異なるのでやはり慣れるってことかなとか思う。
 カーブや交通状況に合った減速に慣れていないと、アクセルを開けていった時にオーバースピードになったり。。。ライダー+バイクの重量と下りに慣れていけば自然に解決していくことです。
 
 あと、下り坂でブレーキングしながらタンクもしくはハンドルでもいいけど(アメリカンバイクならステップかな)安心して加重できる姿勢を探すと楽になりますよ。

 坂道は奥が深いから楽しい。でも峠道って生活道路として発展してきた道だから、交通人も前述のような動物もいます。サーキットと違って場所によってはものすげぇ上りだったり下りだったり道が途中でなかったり。何でも起こります。だからまずは危なくない、不安にならない、そういう運転が第一。だから減速。


 まぁ、もともこない言い方すると、安心な範囲でなんとなく走るのが一番で、漫然と走っていたら上手くならないとか、そういう前に今世くらい無駄にするくらいの気で「慣れていく」のを待ってみるのもイイとか、オレなんかは思ってきたし今だにそう思ってるよ(笑)
 地方紙のコラム用ってこともあって、前ページの記事みたいなところはなるべく教科書みたいに書いたけど。。。まぁ、所詮バイクや体格によって乗り方なんて全部違うよって感じだし。たしかに基本てのはあるけど、「アクセルで曲がる」ってのが「アクセルを開けることでライダーがバイクを邪魔しなくなる」ってことだったり、この手の用語とかいいまわしって結構誤解を生んでいるように思うよ。アクセル普通にひねるだけだったらバイク立ってくるじゃんかよ!とかなる。得てして解決策ってのは、問題をかかえている人それぞれによって異なるものだからな。

 転ばないようにね。
 楽しく走りましょう。

 ま、峠は楽しいけどコーナーでの無理な突っ込みや、あまりオーバーなラインどりは危険だったりまわりに迷惑だっりもするし。知った道でも予測に反して路肩に砂利や落ち葉が舞い降りてることもあれば、センターラインをはみだしちゃう車だってたまにくるわけだしね。なるべく安全にそして快適にオートバイを楽しもうではないですか。

 
バカバイク道のトップへ © BAKABIKE.
All original contents copyright © 1997-2022 by Win Project All rights reserved.